javascriptで扱う正規表現メモ

javascriptで扱う正規表現メモ

正規表現を使う処理をしまして、正規表現について理解が深まりましたのでメモ。

matchで正規表現を使って、マッチしたものを取り出すやつ。

正規表現の指定方法

まず / と / で囲まれたところが正規表現として扱われる。

正規表現で取り出す例

AAA、BBB、CCC
という文字列があったとして

AAAを取り出す場合

先頭から、最初の「、」までを取り出す場合

var element = 'AAA、BBB、CCC';
element = element.match(/^.*?、/);

^ は先頭から。
.* で1個以上の文字。
? は最初のを指定するという意味。最小マッチ。

BBBを取り出す

1個目の「、」から、その次に出てくる「、」までをとってくればOK。

var element = 'AAA、BBB、CCC';
element = element.match(/、.*?、/);

CCCを取り出す場合

2個目の「、」から、その次の「、」まで。
なのだけれど、n個目の「、」という指定がわからなかったので、以下のように対応。

1個目の「、」から最後までを取得。
、BBB、CCC となる。
最初の「、」を削除。
その上で、1個目の、から最後までを取得。

var element = 'AAA、BBB、CCC';
element = element.match(/、.*/);

、BBB、CCC となるので、最初の「、」を削除して、1個目の「、」から最後までを取得。

element = element.slice(1);
element = element.match(/、.*/);

タイトル画像のアイコンはこちらから使用しました。

 

ツイッターやってます

ツイッターではブログの更新情報や気になることをつぶやいています。 この記事が気に入ったら、ぜひフォローしてみてください!