振ると色が変わるスマホ用コンテンツをつくってみた

振ると色が変わるスマホ用コンテンツをつくってみた

まずはデモをご覧ください。
振ると画面の色が変わります。

デモ

スマホでご確認ください。
加速度センサーのついているスマホでないとうまく再現されません。
iPhoneならいけるはずです。

コード解説

html

<div id="wrap">
	スマホを振ると色が変わるよ
</div>

css

body {
	margin: 0;
	padding: 0;
}
#wrap {
	width: 100%;
	height: 100vh;
	background-color: #fff;
	text-align: center;
	line-height: 100vh;
	font-size: 30px;
	font-size: 12px;
}

#wrap を全画面表示。
あらかじめの背景を白(#fff)としています。

javascript

var wrap = document.getElementById('wrap');
var y; // 縦方向の加速度を取得するための変数
var size = 20; // 振ったと認識するサイズ
var shakeFlag = true; // trueであればcountをプラス、falseであればマイナスにするためのフラグ
var count = 0; // 振ったらこれがたまる。たまった量に応じて何かする


// 加速度が変化すると
window.addEventListener('devicemotion',  function (event) {
	// 加速度 Y軸
	y = event.acceleration.y;
	
	// 加速度が、sizeに指定した量より大きいもしくは-sizeより小さいときに、countを操作
	if (y < -size || y > size) {
		// shakeFlagがtrueなら
		if (shakeFlag) {
			// countをプラス
			count++;
		}
		// shakeFlagがfalseなら
		else {
			// countをマイナス
			count--;
		}
	}
	
	// 色を変える処理
	switch(count) {
		case 0: // countが0のとき
			wrap.style.backgroundColor = '#fff'; // ここで背景の色を変えていく
			shakeFlag = true; // shakeFlagをtrueにする
			break;
		case 20:
			wrap.style.backgroundColor = '#ffe';
			break;
		case 40:
			wrap.style.backgroundColor = '#ffd';
			break;
		case 60:
			wrap.style.backgroundColor = '#ffc';
			break;
		case 80:
			wrap.style.backgroundColor = '#ffb';
			break;
		case 100:
			wrap.style.backgroundColor = '#ffa';
			break;
		case 120:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff9';
			break;
		case 140:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff8';
			break;
		case 160:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff7';
			break;
		case 180:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff6';
			break;
		case 200:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff5';
			break;
		case 220:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff4';
			break;
		case 240:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff3';
			break;
		case 260:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff2';
			break;
		case 280:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff1';
			break;
		case 300:
			wrap.style.backgroundColor = '#ff0';
			break;
		case 320:
			wrap.style.backgroundColor = '#fe0';
			break;
		case 340:
			wrap.style.backgroundColor = '#fd0';
			break;
		case 360:
			wrap.style.backgroundColor = '#fc0';
			break;
		case 380:
			wrap.style.backgroundColor = '#fb0';
			break;
		case 400:
			wrap.style.backgroundColor = '#fa0';
			break;
		case 420:
			wrap.style.backgroundColor = '#f90';
			break;
		case 440:
			wrap.style.backgroundColor = '#f80';
			break;
		case 460:
			wrap.style.backgroundColor = '#f70';
			break;
		case 480:
			wrap.style.backgroundColor = '#f60';
			break;
		case 500:
			wrap.style.backgroundColor = '#f50';
			break;
		case 520:
			wrap.style.backgroundColor = '#f40';
			break;
		case 540:
			wrap.style.backgroundColor = '#f30';
			break;
		case 560:
			wrap.style.backgroundColor = '#f20';
			break;
		case 580:
			wrap.style.backgroundColor = '#f10';
			break;
		case 600:
			wrap.style.backgroundColor = '#f00';
			break;
		case 620:
			wrap.style.backgroundColor = '#e00';
			break;
		case 640:
			wrap.style.backgroundColor = '#d00';
			break;
		case 660:
			wrap.style.backgroundColor = '#c00';
			break;
		case 680:
			wrap.style.backgroundColor = '#b00';
			break;
		case 700:
			wrap.style.backgroundColor = '#a00';
			break;
		case 720:
			wrap.style.backgroundColor = '#900';
			break;
		case 740:
			wrap.style.backgroundColor = '#800';
			break;
		case 760:
			wrap.style.backgroundColor = '#700';
			break;
		case 780:
			wrap.style.backgroundColor = '#600';
			break;
		case 800:
			wrap.style.backgroundColor = '#500';
			break;
		case 820:
			wrap.style.backgroundColor = '#400';
			break;
		case 840:
			wrap.style.backgroundColor = '#300';
			break;
		case 860:
			wrap.style.backgroundColor = '#200';
			break;
		case 880:
			wrap.style.backgroundColor = '#100';
			break;
		case 900: // countが900のとき
			wrap.style.backgroundColor = '#000';
			shakeFlag = false; // shakeFlagをfalseにする
			break;
	}
});

スマホの加速度センサーを使用しています。

Y方向(上下)の加速度が20を超えたら、countという変数がプラスされていきます。
countが20増えるごとに css で #wrap の背景色を変化させるようにしています。

この場合、countの数は900が上限になっています。
900に達すると count の数をマイナスにしていくようにしています。
0になるとまた count の数をプラスしていくようにして、無限に色が変わり続けるようにしました。
countFlag という変数が true の時はcountをプラス、false のときはマイナスとなるようにしています。
count が900になったら countFlag をfalseにし、0になったら countFlag をtrueにしています。

使い所

スマホの加速度センサーを試してみたくて作ってみましたが、ちょっと使い所に迷いますね。

年賀用のコンテンツとかで、ある程度振ったらおみくじが出てくるとかそんなもんでしょうか。

もうちょっと勉強しないと難しそうですが、振ると中のキャラクターがジャンプするみたいなマリオのようなゲームとかも作れそうですね。

 

ツイッターやってます

ツイッターではブログの更新情報や気になることをつぶやいています。 この記事が気に入ったら、ぜひフォローしてみてください!